過払い金請求は弁護士に相談を

何年も前の借金がまだ返済が終わっていない人で、何年も借金返済をし続けているという人の場合には、過払いになっていたためかもしれませんよ。何年も前に消費者金融などから高い金利で借金をしていれば過払いになっているのかもしれないので、調べてみるべきです。法律が改正される前の消費者金融などでは、高い金利でお金を貸付していたところもあり、過払いというものが生じている可能性があるのです。

 

借金返済をしている人の中でずっと返し続けているという人では、過払いになっていないか調べてみる必要があります。もし、過払いになっていたら、弁護士や司法書士に相談をして現在の法律の金利で、計算して調べてもらうことができます。再計算の結果、過払いになっていたことがわかったら、場合によってはすでに借金は完済しているということもありますし、さらに、それ以上に過払いであれば、返してもらうことができます。

 

現実に過払いになっていて、お金が戻ってきたというケースで現在の借金残高が200万円で、現在の法律に合わせて再計算をしたらすでに返す必要はなく、さらに、368万円の過払いがあったことがわかって、返してもらったそうです。この人の場合には10年以上も同じところに借金返済をしていたことからこのような結果になったのですが、おなじように、もし、長年消費者金融の借金を返し続けていたら、過払いになっている可能性もありますから、一度確認してみるといいですね。